1. トップページへ戻る
  2. 公演・オーディション情報
  3. スクールについて
  4. 運営会社
  5. お問い合わせ
公演情報

トップページ > 公演・オーディション情報 > 2017ミュージカル 雪のプリンセス

最新の公演

雪のプリンセス
トコトンキッズダンサーズ

公演情報

2014年度公演リズミックタウン 公演情報
AGAPE store [君はフィクション]
出雲大社平成の大遷宮」奉祝事業公演 「クシナダとスサノオ」
リズミックタウンDVD・パンフレット情報のページへ
トゥルークリスマス 公演情報のページへ

ミュージカル「新☆雪のプリンセス」 ジュニアキャスト募集 ‼

雪のプリンセス
雪のプリンセス

ディズニー映画『アナと雪の女王』の「Let it go」をはじめ、すべての挿入歌の訳詞、
劇団四季『アラジン』、「美女と野獣」の映画の訳詞を手がけた高橋知伽江が10年に及び温めていた脚本。
アンデルセン作の「雪の女王」をモチーフとしたミュージカル
新☆雪のプリンセスが2018年に上演決定いたしました!
今回は、脚本・高橋 知伽江、演出・田尾下 哲でタッグを組み、
美しい世界感で感動溢れる作品をお届け致します

オーディション概要 - メインキャスト&アンサンブルキャスト -

応募内容

メインキャスト及びアンサンブルキャスト

応募資格

  • 小学校1年生から中学校3年生(7歳から15歳)

  • 健康な男女

  • 経験不問

  • 期間中(1月上旬~千秋楽まで)、参加可能な方
    ※NGがある場合には、応募の際に明記して下さい。

選考方法

書類審査後、実技オーディションを行います。
①10月25日 夕方 ②10月28日 終日 のいずれかにて行います。
当日はダンス・歌唱・演技の3つを審査いたします。

稽古期間

1月上旬に歌稽古(1週間 2日間程度)を開始し、1月22日に顔合わせ予定、
以降は稽古となります。

応募方法

保護者の同意文を必ず明記の上、履歴書と写真2枚(全身1枚・上半身1枚)を
定形返信用封筒(住所・氏名明記・92円切手貼付)にて下記住所にご郵送ください。

【締切】 2017年10月10日(消印有効)

【宛先】 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷 3-60-5-4階 「Zero Project 雪のプリンセス D 」係

【お問合せ】 03-5770-5200(平日 9時~18時)

Information - 公演概要 -

公演名 Zero Project Produce ミュージカル「新☆雪のプリンセス」
脚本 高橋 知伽江
総合演出 田尾下 哲
演出 家田 淳
作曲・音楽監督 片野 真吾
衣裳・美術 ひびの こづえ
振付 Zoo-Zoo
プロデューサー 伊藤 綾美
公演日程 2018年2月21日~2月25日
会場 新国立劇場 小劇場
制作 アプル 北見 奈々江
問合せ 03-5770-5200 (平日9:00~17:00)
http://www.zeropro.net/

特別協力

東京モード学園 / オリコン デビュー
協賛 Olympic
企画製作 Zero Project
主催 Zero Project

Story - ストーリー紹介 -

季節が夏で止まったまま60年がたった未来の日本。
コユキ、ツララ、シズクの三きょうだいの両親は、
科学者として季節が消えた謎をとくために北極に行き、事故で亡くなった。
ツララは両親が目指した北極の中心、スノー・キャッスルに行きたいと願っていた。

スノー・キャッスルは冬の妖精の国。雪の女王がこの世を去った後、
娘であるプリンセスが女王になるのを拒否し、季節が止まっていた。
困り果てた家来たちは、プリンセスを元気づけるために人間を連れてくる計画をたてる。
ねらわれたのがツララだった。

誘拐されたツララは、プリンセスが隠し続けた秘密を知って心が揺れる。
一方、コユキとシズクは、冬の妖精たちと共に、ツララを救いだそうとする。
しかし、その夜、家来たちはプリンセスに対してとんでもないことをたくらんでいた……。

クリスマスの夜、雪の宮殿では何が起きるのか。ツララは無事に家に戻れるのか。
そして、プリンセスは雪の女王になるのだろうか……。

Staff - スタッフ -

高橋 知伽江
【脚本】高橋 知伽江
東京外国語大学ロシア語学科卒。劇団四季の勤務を経て、フリーランスでミュー
ジカル台本の執筆、翻訳、訳詞などを手がける。2013年4月~2017年3月、水
戸芸術館演劇部門芸術監督。日本劇作家協会会員。
第4回 小田島雄志・翻訳戯曲賞受賞(ノエル・カワード作『出番を待ちながら』、
『秘密はうたう』)。第23回読売演劇大賞優秀スタッフ賞受賞(劇団四季『アラ
ジン』訳詞)。舞台だけでなく、『アナと雪の女王』実写版『美女と野獣』などデ
ィズニー映画の訳詞も担当。最近は、『手紙2017』(原作:東野圭吾)など、オ
リジナルミュージカル創作に意欲的に取り組んでいる。
 
田尾下 哲
【総合演出】田尾下 哲
1972年兵庫生まれ、横浜育ち。第20回五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。
ドイツ人演出家ミヒャエル・ハンペに西洋演劇、演出を学ぶ。2000年から演出家として活動。
03年から09年まで新国立劇場に所属し、オペラ・チーフ演出スタッフを務めた。
09年、チューリヒ歌劇場『カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師』で、共同演出・振付を担当しヨーロッパデビュー。
近年の演出代表作は、オペラでは日生劇場『後宮からの逃走』、神奈川県民ホール『金閣寺』、 二期会『カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師』、びわ湖ホール『リゴレット』、あいちトリエンナーレ『蝶々夫人』、 一柳慧新作『ハーメルンの笛吹き男』、新国立劇場『スペース・トゥーランドット』、『フラ・ディアヴォロ』がある。
ミュージカルではホリプロ『天才執事ジーヴス』、『ボニー&クライド』、東宝『ソングス・フォー・ア・ニュー・ワールド』、 フジTV『プロミセス・プロミセス』、リリック『ザ・クラブ』、日生劇場『三銃士』など、芝居では『王女メディア』、 『プライヴェート・リハーサル』、『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』、『ガラスの動物園』など、 2.5次元舞台では、『プリパラ・ミュージカル』、『ダンガンロンパ THE STAGE 2016』、など多数。
劇作家として、オリジナル戯曲『プライヴェート・リハーサル』、『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』、 オペラ台本『ハーメルンの笛吹き男』、『フラ・ディアヴォロ』、『スペース・トゥーランドット』を発表。
舞台の上演台本としてフジTVミュージカル『プロミセス・プロミセス』、ホリプロミュージカル『ボニー&クライド』、 リリック『ザ・クラブ』、などがある。今後もオペラ、ミュージカル、芝居、2.5次元舞台の演出が控えている。
 
家田 淳
【演出】家田 淳
10代を過ごしたアメリカでミュージカル等に出演し舞台経験を積む。国際基督教大学卒業。英エディンバラ大学留学。
演技をニコラス・バーター、ローナ・マーシャル、イラン・レイシェル、声楽を齋藤昌子、各氏に学ぶ。
新国立劇場、二期会、英ロイヤルオペラハウス、ラインドイツオペラなどで演出助手として研鑽を積む。
演出作品に「エウリディーチェ」(佐川吉男音楽賞受賞)「魔笛」「ヘンゼルとグレーテル」他。
また翻訳家、通訳としても劇団四季、東宝、ホリプロなどの公演に多数関わる。
訳詞作品に「Songs for a New World」「プロミセス・プロミセス」「天才執事ジーヴス」他。
洗足学園音楽大学(声楽コース及びミュージカルコース)講師。
 
片野 真吾
【作曲・音楽監督】片野 真吾
明治大学文学部英米文学専攻卒業後8年間の社会人生活を経て
米国Berklee音楽大学へ留学。作編曲を学ぶ。優秀賞を受け卒業し帰国。
「音楽は心」をコンセプトに作編曲家・音楽監督・歌唱指導者・ベース奏者
として活動。日本音楽著作権協会信託者。
全国で多くのミュージカルなど舞台音楽を手掛ける。また愛・地球博、
高校総体総合開会式などのイベントやCM音楽も手掛ける。
積極的に現場に出向き、演者・スタッフと共に作品を創り上げることに喜びを
感じている。
2016年上演の音楽担当作品:劇団BDPミュージカル「姫神楽」、
劇団スーパー・エキセントリック・シアター「恋の骨折り損」、
フォンテミュージカル「この街で~イリスと愉快な仲間たち」、
Zero Projectミュージカル「雪のプリンセス」、
水戸芸術館ACM劇場ゆうくんとマットさんの「くものすおやぶんとりものちょう」、
郡司行雄プロデュースミュージカルファンタジー「真夏の夜の夢~LOVE」、
児童劇団「大きな夢」ミュージカル「桃太郎!」、
アイバンク チャリティーミュージカル「パパからもらった宝もの」、
朗読ミュージカル「山崎陽子の世界」、
水戸芸術館ACMファミリーシアター「ルドルフとイッパイアッテナ」
 
土屋 茂昭
【衣装・美術】ひびの こづえ
静岡県生まれ 東京芸術大学美術学部デザイン科卒業。
コスチューム・アーティストとして広告、演劇、ダンス、バレエ、映画、テレビなどその発表の場は、多岐にわたる。毎日ファッション大賞新人賞、資生堂奨励賞受賞 他 展覧会多数。97年作家名を内藤こづえより改める。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」のセット衣装を担当中。歌舞伎「コクーン歌舞伎三人吉三」、歌舞伎「あらしのよるに」,「野田版 研ぎ辰の討たれ」、「野田版 桜の森の満開の下」、野田秀樹作・演出「エッグ」、「逆鱗」、「足跡姫」、森山開次ダンス「サーカス」、「不思議の国のアリス」など衣装担当。森山開次×ひびのこづえ×川瀬浩介によるダンスパフォーマンス「LIVE BONE」を展開中。「ちいさな生きもの研究所」ワークショップを毎月、渋谷LOFT 6階で開催中。
2017年9月3日〜10月22日奥能登国際芸術祭参加。11月1日〜19日シアターイースト「表に出ろいっ!」English version”One Green Bottle”衣装担当。
http://www.haction.co.jp/kodue/
 
Zoo-Zoo
【振付】Zoo-Zoo

究極な自由度。原点はクラブ、ブルックリン、ストリート、お酒。枠にとらわれず、自由に音楽と一体になることを追求し音楽制作、映像制作をも自らで行う。
18歳で渡米、自分のスタイルを探し進化しつづける数少ないfemale dancer。プレーヤー、舞台振付家、と様々な側面を合わせ持つ彼女の独特な感性と奇抜な表現のしかたは一度みたら忘れられない。
NYにて結成された"jaywalker"のメンバーとしても
人間の身体の可能性を信じて止まない独創的な世界観、アートにとことんこだわり、世界を視野に動き回る。

主な経歴
•裏BLUE RING 1on1 FREESTYLE BATTLE優勝
•Flareup vol.1 1on1 FREESTYLE BATTLE優勝
•Livin’ Truth 1on1 HIPHOP BATTLE優勝
•BLUE RING 2on2BATTLE 第31回&34回優勝
•ACTIVIST 2on2 BATTLE第11回&27回優勝
•Livin’ proof CONTEST&BARTLE第6回&8回優勝
•SUPER FRIDAY × UNION BEST4
•FRESH!?BATTLE vol.5 BEST4
•DANCE@LIVE HIPHOP KANTO BEST8
•A/D/P/L@代々木ANCE jaywalker単独公演
•Jar Beat Record presents DVD「JAM3」参加&出演
•横浜ST SPOT企画N.N.N vol.5公募選出「粘土」出展
•餓鬼レンジャー Raindrops〜男の慕情〜 MV出演&振付
•CROSTAGE「ZUNIQLO」優秀賞受賞
•Legend Tokyo chapter.5 「ズニクロ」特別選定賞ぴあ賞受賞
•ダンガンロンパ THE STAGE 2016 振付
etc